So-net無料ブログ作成

9.5ミリフィルムのテレシネ [業務案内]

最近、9.5ミリフィルムからのテレシネを多数ご依頼頂いております。
吉岡映像ではテレシネの際、フィルムのクオリティーと情緒を最大限に引き出す様、昭和8年製の映写機を使用し作業を行っているのですが、最近のハードワークがたたって、この映写機がとうとう故障してしまいました。
幸いまだ他の映写機が残っていたので、作業はどうにか無事完了、故障した映写機も修理に出し事なきを得ました。
大変古い映写機ですから、修理やメンテナンスを繰り返しながら(いたわりながら)日々活躍をしてもらっています。

もちろん一概に言えることではないのでしょうが、昔のモノの多くは修理やメンテナンスが出来るという、現代で言う所のエコ製品であり、考え方次第では非常に合理的なのではないかと感じました。
時間や手間は確かのかかりますが、これこそ日本のソフト力の象徴ではないかと思います。

古くはありますが大層可愛らしい映写機。
フィルムの中に納められた記録は時を経てまた、この映写機のレンズを通り、映像として甦ります。

私よりももっと年老いた映写機は今日も元気にまわっています。

2010年04月05日

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。